インフルエンザは老若男女問わず発症の可能性があります。日本でも特定の時期になると爆発的に感染が広がることは周知の事実ですが、予防接種以外にも様々な対策があるのは知っていますか?

プラズマ乳酸菌でインフルエンザの悪化を防ぐ

 プラズマ乳酸菌には、インフルエンザの症状悪化を防ぐ働きのあることが確認されています。プラズマ乳酸菌は、日本の食品会社が研究中の乳酸菌です。ウィルスを攻撃する免疫システムの司令塔を活性化させることが可能とされ、インフルエンザの治療にも効果を発揮することが期待されています。
 治験では、プラズマ乳酸菌を摂取すると、重篤な咳やのどの痛みを半分以上減らすことができています。インフルエンザウィルスは鼻やのどの粘膜から感染しますので、ここが痛むことを防げるということは、非常に好ましい成果と言えるでしょう。平素から摂取すると、免疫力アップが図れますので、早く商品化され、手軽に摂取できるようになることが望まれます。
 インフルエンザの治療には、インフルエンザウィルスそのものに着目し、ウィルスを死滅させたり無力化したりする薬で対処する方法と、免疫力アップを図る方法とがありますが、プラズマ乳酸菌の摂取は後者のほうです。ウィルスを直接攻撃する薬だと、体の他の細胞にも害がある場合もあり、免疫システムを混乱させることもありますので、体全体を見ての免疫力アップ対策は、理にかなったことともいえるでしょう。インフルエンザは強毒性ではありますが、ウィルス性の風邪であることに変わりはなく、正常な免疫機能があれば、薬を使わなくても自然治癒します。免疫力が弱っている場合は、長引いたり、他の病気を併発し、時に死に至ることもあります。そのため、重篤な症状に至るのを防げる態勢にしておくことが大事で、プラズマ乳酸菌には、今までの乳酸菌にはない、より効果的な働きがあるとされます。ウィルスを攻撃する免疫システムのおおもとに働きかけるというのがそれです。