インフルエンザは老若男女問わず発症の可能性があります。日本でも特定の時期になると爆発的に感染が広がることは周知の事実ですが、予防接種以外にも様々な対策があるのは知っていますか?

違和感の段階でインフルエンザ検査キットを使う

 インフルエンザの検査キットは、ここ数年で目覚ましい進歩を遂げました。従来は、ある程度感染から時間が経過していないと感染の有無を調べることはできませんでした。しかし、現在では感染のごく初期に、感染したかどうかを判断することが可能になっています。はっきりした症状が出る前の、違和感の段階で受診しても、感染の有無がわかるので、早期発見、早期治療が可能となりました。
 インフルエンザの特効薬と言われる薬には、感染のごく初期に使わないと効果がないものが数多くあります。ウィルスがある程度増殖してからでしか、感染の有無がわからない状況では、特効薬を使える機会も失われがちです。感染してすぐに判別できれば、特効薬を使える機会も増えるでしょう。
 インフルエンザのはっきりした症状が出てからだと、医療機関に出かけて受診するのも困難なことがあります。むしろ安静にして寝ていたほうが、予後がいいこともあるでしょう。しかし、違和感程度の段階で感染したことを把握できれば、家族に移さないよう対策をとることも可能になりますし、特効薬の使用によって、ウィルスの増殖が抑えられる可能性もあります。早期発見できるようになったのは、画期的なことでしょう。検査キットは、日本のフィルムメーカーが開発したものです。検査結果を出す機械もコンパクトで、他の検査機関に回して調べなくても済むので、患者は受診したその場で結果を知ることができます。以前は医者の勘で診断されることもあり、100%確実とは言えませんでしたが、検査キットと診断装置を使ったこの方法であれは確実です。夏にインフルエンザの集団感染があるという事実も、検査キットの使用で判明したことです。